高校卒業後は予備校に行くことにしました

なんだかんだで、やはり東大・京大

より良い就職のために | なんだかんだで、やはり東大・京大 | 予備校のサポートは必須

まだまだ日本の企業ではこうした風潮が強いようで、実力などは後回しでとにかくいい大学の学生が欲しいという事になっているようです。
今の日本の企業は実力よりも言う事を聞く学生が欲しいようで、あまり実力が抜きんでていて言う事を聞かないような人は要らないという事を考えているところが多いのかもしれません。
その為、採用された瞬間にどこに配属されるのかも決まっており、それによって自分の将来もほとんど決まったかのような状態になるのが今の企業ということのようです。
ですから、希望の大学のランクを東大や京大に絞る事にしました。
若しくはこれに準じるようなところまで自分の実力を上げていくことにしたのです。
少し前の自分の実力だと、せいぜい地方の国立大学に合格できるかどうかというところだったので、それでは駄目だという事を多くの先輩方から聞きました。
基本的に幹部候補生として企業が考えるのは東大、京大ぐらいで後は普通の作業員的なところに入れてお終いということのようです。

掟10.C-C間(1.54Å)> ベンゼンの炭素原子間の結合距離(1.40Å)> C=C間(1.34Å)> C≡C間(1.20Å) この大小関係を知っておくべし。
https://t.co/ZAbdeQDSaM

— レクサス教育センター 有機化学のオキテ (@lexus_chemical) 2018年4月16日