高校卒業後は予備校に行くことにしました

より良い就職のために

高校卒業後は予備校に行くことに決めました。
理由はもっと上の大学に行きたかったからです。
やはり就職の事を考えると大学のランクは大切だという事をいろいろな先輩から聞きました。
今の時代でもやはり大学によって就職が違うことがかなりあるようなので、予備校にいってでもいい大学に行く価値はあなりあるという事でした。
企業は基本的に別に年齢が一歳や二歳違っていても気にもしないという事です。
それが予備校に行っていたからだとか、そうしたことは別に考えているわけではなく、どこの大学を出ているのかという事だけが気になるという事でした。
多くの就職している先輩方が言われているのか就職した時にどこに配属されるのかで自分の将来が決まってしまっているという事でした。
つまり、単に企業に入るだけではだめで幹部候補として採用されなければ意味がないという事をいっていました。
その為に必要になるのがいい大学を出ているという事というわけです。

より良い就職のために | なんだかんだで、やはり東大・京大 | 予備校のサポートは必須

医学部予備校北九州予備校宮崎校